会社方針

あいさつ

株式会社竹弘化成は1972年、愛知県名古屋市にて創業し1978年6月に伊勢原工場で生産を開始しました。約半世紀にも及ぶ年月を経過した今、タケヒログループの関東地区生産拠点として事業を拡大し、現在に至っております。
世界情勢の変化によって、従来の延長線上で事業を進める事は難しく、グローバル時代に適応した人づくりとものづくりを進めてまいりました。
私たちの『ものづくり』は、お客様がワクワクするような従来の常識でとらわれない『もの』を発想し、ものづくりの原点に立った『つくり』をする活動を行っています。グローバルに適応するため、日本の材料開発及び世界の国々から原材料を調達し、日本で高品質の生産活動を行い、世界中のお客様に安心して使っていただける製品を提供しております。
私たちの原点は「木」。その優れた特性を知り、近年では樹脂技術と自然素材との複合技術を製品化し進めてきました。自然素材ゆえに、環境保護にも重点をおき、製品を自然に返すための新製品開発も行っています。新工法の導入と資源の開発、リサイクル化、そして設計段階から廃棄物をゼロに考えるLCA(Life Cycle Assessment…循環型産業システム)を視野に入れた商品化を進めています。
人と自然と社会との調和をめざしながら、「地球にやさしい物づくりを通して社会に貢献すること」を念頭に、現在(いま)を超える新たな価値を創造してまいります。 

代表取締役社長 福岡 節男


竹弘化成の考える『ものづくり』

1.従来の常識」でとらわれない『もの』の発想
2.世界一の品質で『つくる』
  お客様に安心して使っていただけるものづくり